その他介護向けリフォーム

TOP >  介護・水回りリフォーム >  その他介護向けリフォーム

その他介護向けリフォーム

介護保険では、これが該当!!

  • 手すりの取り付け
  • 段差の解消
  • 床滑りの防止
  • 引き戸等への扉の取替え
  • 和式から洋式への便器の取替え

など

その他の介護向けリフォーム

手すりの取付け

最近の新築では階段に手すりが標準で付いている事が多いですが、リフォーム適齢期のお住まいでは手すりがついていないお家も多くあります。一般的には壁を壊して合板下地を入れてから、手すりを取り付ける工程となりますが、リフォーム用の後付け部材もありますので、コスト面を考慮しながらご検討する事をお勧めします。

段差の解消

建具の敷居や各部の高低差などお住まいには段差が意外と多くあります。特に玄関框の段差などがあると、要支援・要介護者にとっては出入りするのが容易ではありません。段差を解消し負担を少なくすれば、外に出かける気持ちにもなり易いです。

滑りの防止及び移動の円滑化

玄関や廊下に浴室の床などを滑りにくい床材に変更する場合は介護保険の対象となります。他に畳をフローリングに変更する事で車いすでの移動が円滑化されるなども介護保険の対象です。

引き戸等への扉の取替え

開き扉を引き戸に交換するのは勿論ですが、折れ戸やアコーディオンカーテンへの交換やドア自体の撤去、ドアノブを変更するなども介護保険の対象となります。

和式から洋式への便器の取替え

一般のご家庭では和式便器はだいぶ少なくなって来ましたが、築30年以上前の建物ですと和式便器が未だに使用されている事もあります。要支援・要介護者に限らずですが、お年寄りには洋式便器が必須です。さらに介護福祉用の洋式便器もありますので、状況に応じて商品を選定される事をお勧めします。

その他

介護保険の対象ではありませんが、ホームエレベーターを設置することによって、移動の自由度の向上、転倒防止、建物全体のアクセシビリティの向上につながります。ホームエレベーターの設置には建物の構造状況や、十分な費用の見積や、設置に必要な手続きについて確認する必要があります。

まずはお気軽に
お問い合わせください!

専属の担当者が迅速に
ご対応させていただきます。